電子消費者契約法とは、どんな法律なの?

エロイプサイトと言いますと、不正請求だとか、サクラ被害などが気になりますよね。無料で利用できるコンテンツでも、まったくトラブルがないかと言いますと、そうではありません。問題が起こった場合に、知っておきたい法律があるのでご紹介しておきましょう。

その法律は平成13年に施行された「電子消費者契約法」です。ネットの操作に不慣れな人たちを救済するために出来上がりました。主な内容は、消費者と事業者の間でのトラブルの解決です。そして、オンラインやメールでのやりとりでの手続き上の問題の解決や、運営者が用意した利用規約契約での問題の解決です。

例えば、オンラインで手続きをしていて、確認画面だと思ってボタンを押したら別サイトの承諾画面に飛ばされていたような場合です。また、サイト上では無料で利用できると説明しているのに、実際には「有料」エロイプサイトであった場合です。また、ネットショッピングの場合は1個を頼もうと思っていて10個を間違って入力してしまった場合です。

業者側に過失があれば契約そのものをなかったものとできます。注意したいのは、インターネットオークションは個人対個人の取引になるので、この法律が適用されないことです。

インターネットショッピングのトラブルも対象になります。操作ミスがあった場合にも助けてもらえる法律なのです。

出会い系で多い水商売のお姉さんは責めにくい!

今や街中でナンパするなんて古い感じがします。インターネットでは、いろいろな方法で男女が知り合えるコンテンツが多くなっています。エロイプサイトが一番最初に思い浮かびますが、最近はiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンに最適化されたアプリも人気になっています。これならば、ブラウザを立ち上げてログインする手間もありません。

普通のアプリを使う感覚で利用できるので人気のコンテンツになっています。利用していて気付くことは、女性の職業で水商売系のお姉さんが多いこと。そこで注意したいのは、彼女たちの生活は一般人とは違うことです。

日が暮れてから仕事がスタートして、朝方まで仕事しているケースが多いです。普通の人たちと生活の時間が逆転しています。仕事から帰宅して、自宅で落ち着いた朝方がメールのコアタイムになります。

僕たちが起きてくる時間に、お姉さんたちは一段落して、眠りにつきます。だから、こういった女性をターゲットにする場合は、朝にキャッチーなメールを送る必要があるのです。でも、寝起きだから、頭はボーッとしているでしょう。切れ味の良い文章など思い浮かびません。

こういったライフサイクルの違いが、水商売のお姉さんたちとのコミュニケーションがとりにくいことです。初めは我慢できても、そのうち、鬱陶しくなります。そして、褒められることに慣れているので、気持ちを捉えることもできにくいです。

自分でエロイプサイトを立ち上げては?

Webデザインをかじったことがある人ならば、「自分でエロイプサイトを立ち上げようか?」と思ったりしませんか?ですが、インターネットで商取引をするコンテンツを作るのは簡単ではありません。無事に完成したとしても、採算ベースに乗るには、管理業務をキチンとしなければなりません。

もしも、興味があるならば、まずは無料で利用できるようなエロイプサイトからデザインするといいでしょう。これならば、そこそこの知識を持っていればできるでしょう。市販のソフトを作ったりテンプレートを加工すればいいのです。それなりの出来上がりになります。

画像をいろいろお洒落に加工したり、専用のプログラミングをするのは難しいです。しかし、これまでに経験があれば比較的簡単にできるでしょう。もっと楽にしたいならば、代理店契約するのもありです。簡単にWebサイトを立ち上げて、バナー広告を設置するだけでOK。ドロップシッピングとかアフィリエイトプログラムで稼ぐことができるでしょう。

このように考えるとエロイプサイトをビジネスモデルにランクアップすることができます。コンテンツも工夫して、利用方法のページとか体験談のページを作成しておくと、よりキャッチーな魅力になるでしょう。

ネットでの交際は相手の年齢に注意!

出会い系サイトと言いますとパソコンで利用することが普通でした。しかしながら、iPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンが普及した今は違います。いつでもどこでもネット環境があればアクセスできます。そして、エロイプサイトまで登場しています。これならば、わざわざブラウザからアクセスする必要もありません。

パソコンではないので、24時間関係なく使えるので利用者は激増してきました。最近の不倫ブーム・浮気ブームの理由にもこのことがあります。男女が知りあったきっかけも「インターネット」でということが多いです。聞こえはいいでしょうが、実際はエロイプサイトの場合も多いですし、結婚するケースも珍しくありません。

実生活でも人間同士が対面して仕事をするシーンが極端に少なくなっています。ビジネス面だけでなくて、お買い物なんかもそうですね。ネット通販で済ます人が多いです。こういったエロイプサイトが少なくなると困る人もいるでしょうね。

例えば、神待ちサイトを利用している家出少女たちです。その日の食事や宿泊場所を求めているのです。つまり援助交際ですよね。そんな女の人にとって、援助交際サイトや神待ちサイトは必須のアイテムです。そんな女の子に接近する場合でも注意しましょう。

年齢制限です。サイトやアプリによっては本人確認をしていないところもあります。18歳未満の女性と性行為をすれば青少年育成条例に抵触しますから逮捕されることもありますよ。

サクラサイトに注意してね!

気軽にネットで女の人と親しくなりたいならば、「完全無料」のエロイプサイトがいいですよね。「ポイント課金制」のエロイプサイトなんか使っていると、メールを出すだけでもお金がかかります。相手のプロフィール欄を閲覧するのもお金が要ります。これでは、気になってしまって活動に集中できません。

タダで使えるから、当然ですが登録している人数も多いです。つまり、ライバルが多いのです。男性のシェアが9割程度いるようですから、実際に会える人は少ないです。だから、有料のサイトの存在意義があるわけです。

有料ならば、何かのアクションを起こす場合に課金されることが多いです。これによってサイト運営ができているから、了承しないとしかたがありません。男性にたくさんメールをしてもらって、受け取って貰うと運営側はウハウハなのです。

このシステムを悪用する悪質業者や悪徳業者がでてくるのは必然なのかもしれません。サクラを呼ばれる女性(場合によっては男性の場合もある)を雇って、男性を誘惑します。無料サイトで出会えなかった男子達が有料サイトに希望を持って、やってきているのです。

女性から返事があれば、舞い上がってしまいます。こういった悪事を働くサイトもあるので注意しておきましょう。

エロイプサイトで婚活だってできますよ!

私は、広島県広島市に在住の女性。28歳のOLですが、エロイプサイトを使ったことがあるので、その経験をお話したいと思います。大学を卒業して6年。大手企業に勤務していますし、男性社員も多いです。広島では、その企業の名前を聞いたら、誰でも知っているところです。

ですが、社内恋愛を考えていませんでした。結婚して同じ会社だと、何かと仕事はしにくいですし。だから、別の方法で婚活をしていたのです。「定額制」のエロイプサイトが良いとネットで聞いたので使っていました。有名な企業が運営母体だったので安心していました。

花嫁修業で料理やお茶お花なども習っていたので、それをアピールしたのです。そして、仕事をしながら結婚生活と両立したいとプロフィールに記載していたのです。仕事に一生懸命になってしまうと、キャリアウーマンみたいなイメージになります。それを避けたかったのです。男性は大和撫子タイプで尽くす女性が好きですからね。お給料も高いので、結婚を機会に辞めるのはもったいないし、周囲も女性社員も結婚しても働いています。

結局、交際した相手はエロイプサイトで知りあった男性ではありませんでした。サイト運営側から、紹介した男性会員なのです。私が利用しているアプリは、相性診断をしてくれて、私にピッタリの男性を紹介してくれるシステムがあったのです。本当に良い出逢いができました。相性を見て紹介してくれるサイトを選ぶといいですよ。